PR
PR

新幹線札幌駅ホーム、大東案で正式合意 JRなど5者

 2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌駅のホーム位置を巡り、国土交通省、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、JR北海道、道と札幌市は29日午前、道庁で5者協議を開き、現在の札幌駅から200~300メートル東に造る「大東(おおひがし)案」で正式に合意した。現札幌駅併設の「現駅案」に比べ、上下線それぞれホームを確保でき、新幹線と在来線の利用客の流れを分けられる上、待合室などを広く取れることが決め手となった。

 5者協議には高橋はるみ知事、秋元克広札幌市長、JR北海道の島田修社長、機構の小島滋副理事長、国交省の寺田吉道官房審議官(鉄道局担当)が出席し、「大東案を採用する」ことなどで合意した。

 高橋知事は「北海道の将来を考えたときにより良い選択だ。ゆとりと快適性を持つ駅となるよう今後も関係者と議論をしていきたい」、秋元市長は「(乗客の)利便性の確保やバリアフリー対応に配慮をお願いしたい」と述べた。

残り:383文字/全文:782文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る