PR
PR

道産ナマコ化粧品に 中国客狙い相次ぎ開発

 道内企業が道産ナマコを原料にした化粧品を次々に開発している。神恵内、岩内、泊の後志管内3町村が設立した地域商社「キットブルー」(同管内神恵内村)は15日、地場産ナマコの乾燥粉末を使った美容ジェルを発売。札幌のメーカーもナマコ粉末配合馬油の販売を4月に始める。ナマコはコラーゲンなど美肌成分を豊富に含むとされ、高品質の化粧品を志向する中国人観光客を中心に需要を狙う。

 キットブルーが開発したのは、ナマコの乾燥粉末や道産ラベンダー油を配合した美容ジェル「ビューティージェル」。ナマコには肌を保湿するコラーゲンや防菌作用のあるサポニンなど美肌成分が多いことに着目した。加熱すると美肌成分が失われてしまうため、フリーズドライ(凍結乾燥)製法で成分を損なわないまま粉末化することに成功したという。

 一方、国産馬油を製造販売する「北海道セレクト」(札幌)も4月、中国人観光客に人気の馬油に道産ナマコ粉末を配合した「海参馬油(ハイシェンマーユ)」を発売する。

残り:255文字/全文:678文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る