PR
PR

知って得する道外企業回りのコツ

[PR]

 今回は道外就活で知っておくと得するポイントとして、「1日に回る企業数」「スケジュール調整」「北海道トーク」の3点をまとめました。

 1点目の1日に回る企業数については、北海道と道外を往復する手間と費用を考えれば、学生としてはできるだけ効率的に回りたいことでしょう。話を聞くと、面接の時間などにもよりますが2社か3社がいいところ。4社以上詰め込む学生もいますが、「さすがに疲れて、最後の1社での面接はあまりうまく答えられませんでした」とのこと。それと1日に複数社を回る場合、前後の時間は余裕を持つようにしましょう。特に首都圏は意外と電車が遅れやすいです。

 2点目のスケジュール調整ですが、もし、日程がうまく合わない場合、ダメ元でその企業に日程調整を依頼してみるのも有効です。北海道を含めて地方出身者に対しては、本来なら日を変えて実施する選考を1日にまとめるなど配慮してくれる可能性が高いからです。会社説明会も日程が合わない場合、聞いてみると特別に一対一で実施してくれた、という企業もあります。

 3点目の「北海道トーク」。やはり、首都圏や関西圏など道外の企業からすれば、北海道出身者は多くありません。そこで面接担当者によっては雑談で北海道ネタを聞いてくることもあります。深い意味はなく、遠くから来ていて珍しい、同じ北海道出身など理由はいろいろ。内容は最近ですと、女子カーリングチームの活躍から「『そだねー』は北海道弁か」など。答えはどちらでも良く、否定なら「『そだねー』は使いませんが、『したっけ』などは使います」という程度で十分です。繰り返しますが、深い意味はないので「それくらい、いいべや」と、札幌出身の私は考える次第です。(いしわたり・れいじ 大学ジャーナリスト)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る