PR
PR

釧路港へのクルーズ船寄港 乗客満足度アップへ循環バス運行 食や文化紹介

 【釧路】釧路駅西商店街振興組合(山口和泉理事長)は、今年のクルーズ船が釧路港耐震・旅客船ターミナルに寄港するのに合わせ、同ターミナル発着で、歴史のある市内米町地域と釧路和商市場を巡る循環バスの運行を4月から計画している。乗船客に地域の食だけでなく、文化にも触れてもらうことで満足度を高め、誘客につなげる狙いだ。

 組合がバス1台を借り上げ、午前9時から1時間に1度、同ターミナルと米町公園、和商市場に停車する。観光ガイド兼通訳も同乗し、通過する石川啄木ゆかりの地や幣舞橋などの解説も加える。釧路港では今年、4月28日から10月14日まで計20回のクルーズ船寄港が予定されており、このうち、同ターミナルに着岸する15回で実施する予定だ。

 運行日には和商市場でお祭り縁日を開催するほか、米町公園近くにある厳島神社や、米町や周辺の活性化を目指して活動する市民団体「くしろ元町青年団」(菊池吉史団長)とも連携。神社の案内や神事の体験などを1人1500円程度で実施し、外国人乗船客が楽しめるよう趣向を凝らす。地元寺院と連動したイベント開催も検討している。

 昨年は和商市場単独で、ターミナルと市場を結ぶシャトルバスを運行していたが、外国人客に魅力的な内容とすることで、利用促進につなげる。

 和商市場では4月末から、日曜日も営業日とするなど、市民も含めた幅広い集客に力を入れる。山口理事長は「釧路の良いところを見てもらい、リピーターの増加や口コミの広がりに期待したい」と、話している。(安房翼)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る