北海道で働こう応援会議

信用金庫業界が採用選考をする際に重視していること【北海道信用金庫協会】

[PR]

北海道内20の信用金庫が会員である北海道信用金庫協会は、採用選考にあたり「ミスマッチ防止、ギャップの抑制」の観点から、面接をする側が重視すべきことを紹介しています。あくまでも面接する側の観点なのですが、まず大きなテーマとして四つのポイントを挙げています。

 ひとつは「学生がイメージしやすいように具体的な仕事の内容をありのまま伝え、ミスマッチを防ぐ。さらに「事業地域内の出身者であることを」。これは地元への愛着につながります。そして「コミュニケーション能力があるかどうか」と「ストレス耐性があるかどうか」です。

また、それぞれの信用金庫が個別に取り組んでいる事例として、以下の5点を挙げています。

○説明会で「求める人物像」を伝えるとともに、学生に自己分析(興味・能力・価値観から自身のやりがいを見つけること)を促し、本当にマッチするか考えてもらう。

○営業店を訪問してもらうことで、志望度の向上や働く姿をイメージしてもらう。

○働く上での大変な点をありのまま伝えることにより、ミスマッチの防止と社会人になるにあたっての覚悟の醸成を図る。

○売り手市場になっても内定までのハードルの高さや難易度は維持。壁にぶつかっても、「あんなに頑張って入ったんだから」と思ってほしい。

○過去のミスマッチを見た場合、声が小さい、おとなしい、人としゃべるのが好きではない、などが共通していることから、面接の際の重要なポイントにしている。

3月1日に採用活動が解禁になり、今年の就活シーズンも本格化してきました。6月1日には面接・内々定が解禁となります。北海道信用金庫協会は「あくまで採用選考にあたる側の、つまり面接する側の観点なのですが、面接を受ける就活生も参考にしていただければと思います」としています。

北海道の企業を探すなら
スキャナビ北海道 Jobチェン!札幌 JOBWAY ジョブカフェ北海道 札幌UI就職ナビ 札幌市就業サポートセンター
どうしんジョブダス就活2019
どうしんジョブダス求人
就活の道 楽しもうぜ
北海道で働こう応援会議とは
北海道の魅力発信
北海道で暮らそう 北海道Likers 札幌移住計画 北海道で農業をはじめるサイト 釧路・根室 はたらきぐらし あさひかわ移住ワンストップ窓口 はたらくあさひかわ 深川市移住定住サポートセンター 深川市求人特集
ページの先頭へ戻る