PR
PR

相手の弁護士は、どうして相手なんかを弁護できるのでしょう?

 「相手の弁護士は、どうして相手なんかを弁護できるのでしょう?」と、依頼者からたずねられることがよくあります。

 依頼者からすると、事件の相手は、何を考えているのかわからない、悪意があるとしか考えられない存在で、その相手を弁護する弁護士もどんな神経なのか、疑問でならないようです。

 これは、なかなか答えづらいおたずねです。

残り:579文字/全文:739文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る