PR
PR

第5部 釧路でわが道歩む(1) 静寂と熱狂 対極の世界で

 釧路湿原、阿寒摩周と二つの国立公園を抱える自然の宝庫・釧路管内。第5部は、この広々とした大地と生き物たちの姿に触発され、「わが道」をひた向きに歩む人たちを訪ねた。

■大自然の音体感

 「静寂」と「熱狂」―。対極の世界を行き来する人がいる。

 約2万9千ヘクタールに及ぶ釧路湿原国立公園の4割を占める標茶町。2月の厳寒の朝、町南部の塘路(とうろ)湖から湿原に曲線を描いて流れるアレキナイ川を、自然ガイドの小川清史さん(53)がこぐカヌーが音もなく進んだ。岸辺の木々を覆う霧氷が陽光に輝き、上空を国の天然記念物オオワシが舞う。「パサッ」。コバルトブルーの羽に身を包むカワセミの羽音がこだました。

 「都会では気づかない大自然の小さな音が、ここでは体中に響く。その感動を湿原を訪れる人に体験してもらいたい」―。小川さんが低くつぶやいた。

 JR塘路駅から400メートルの丘の上に、小川さんが2004年に開業したドーム形の民宿「釧路湿原とうろの宿」が立つ。窓の外には湿原を潤す塘路湖と三つの沼、蛇行するアレキナイ川、湿原を縦断するJR釧網線の鉄路が絵画のように連なる。

 観光客を湿原の静寂へと案内する小川さんには全く別の顔がある。1980年代後半に活躍したロックバンド「RED WARRIORS(レッドウォーリアーズ)」のベーシスト。昨年、東京など4カ所で結成30周年公演を行い往年のファンを熱狂させた。小川さんは言う。「ロックと自然は両極のようで、魂を揺さぶる感じが似ている」

 東京生まれ、埼玉育ち。地元の仲間とレッドウォーリアーズを結成し86年にデビューした。時代はバブル全盛期。「バラとワイン」「ルシアン・ヒルの上で」などヒット曲を連発した。年間150本近いライブをこなし、88年には日本武道館公演を成功させたが、平成が幕を開けた89年、わずか3年間で解散。

 「何十年分も生きた充実した日々だったが、レッドウォーリアーズであり続けることに必死で、自分を見失いかけてもいた」。96年に再結成後は断続的に活動し、小川さんはソロ活動もしながら自分の道を模索した。

■移住し民宿開業

 カヌーとの縁は98年。旅行で滞在した塘路で住民にアレキナイ川で乗せてもらった。湿原に分け入り、静けさに息をのんだ。「チャパン」。水音に振り向くと、国の特別天然記念物タンチョウが川を歩いていた。ロックの大音量とは対照的な小さな響きだが、タンチョウの鼓動が伝わるようで胸が震えた。以来毎夏、塘路でカヌーをこいだ。

 父が69歳で急逝したのを機に「命あるうちにやりたいことをしたい」と39歳で塘路に移住。民宿開業に踏み切った。客室全5室にテレビは置かず、野鳥のさえずりがBGMだ。

 移住から15年。今や湿原のガイドではベテランだ。昨年は釧路川をカヌーで清掃するイベントを仕掛けた。「湿原を守りつつ活用するルールを地域ぐるみで再確認すべき時」と考える。

 音楽活動も続ける。12年にレッドウォーリアーズのギタリスト木暮“shake”武彦さん(57)を招いて宿でライブを開き、小川さんにカヌーを教えた赤羽根勇さん(71)ら近所の高齢者も集まった。赤羽根さんは「小川さんがバンドの人だったとは知らず、驚いた。面白いことをやって、年寄りも刺激してほしい」と期待する。

 レッドウォーリアーズは今年も5月27日、5千人収容の東京国際フォーラムホールで公演する。ボーカルのダイアモンド☆ユカイさん(55)は「音楽には演奏者の生きざまが表れる。今の清史のベースには自分の居場所を見つけた落ち着きと力強さを感じる。いい音になった」。

 釧路湿原が青葉にあふれるころ、小川さんはパドルをベースに持ち替え大歓声の待つステージへ向かう。「若い頃は、いつ死んでもいいつもりでがむしゃらに弾いたけど、今はまだやりたいことがある、簡単にくたばらないぞって覚悟で弾く。それが50歳を過ぎた“湿原のおやじ”のロック」。銀色に輝く長髪を風になびかせ、胸を張った。(釧路報道部 佐竹直子)

■レッドウォーリアーズ東京公演

 5月27日(日)午後3時から、東京国際フォーラム(千代田区丸の内)ホールA。チケットはVIP席(終演後にメンバーと握手や写真撮影ができる)2万円(250席限定、全席指定)、一般9千円(全席指定)。4月21日(土)午前10時から発売。問い合わせはサンライズプロモーション(電)0570・00・3337へ。

 ダイアモンド☆ユカイさんのインタビューはこちらの記事から。
「清史のベース標茶で深い音に」ダイアモンド☆ユカイさん語る

釧路湿原とうろの宿

 標茶町塘路83の8 電話015・487・3655

ホームページはhttp://www9.plala.or.jp/touro/。1泊朝食付きシングル5400円、ツイン・トリプル1人7000~8000円。6月まで夕食あり(1500円~)。犬を同伴できる部屋あり。カヌーツアーは宿泊者対象。3時間コースで1人9千円(2人から)。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る