PR
PR

父親とけんかをする 信頼関係本気の遊びから

  3歳の男の子です。言葉が達者になり、パパとけんかをしてしまいます。言い返すパパもパパです。休日ぐらいは仲良くしてほしいものです。どうすればよいでしょうか。


  社会性が発達してくる3歳ごろから、男の子は父親に対してライバル心を持つことがあります。父親は子どもの発達を理解し、ちょうどよく張り合ってあげられるといいですね。幼いころからぶつかっていると、対話ができない親子関係になってしまうかもしれません。

 父親とお子さんがいい関係でいるための一番の方法は、一緒に本気で遊ぶことです。遊びの中で「父親にはかなわない」と思わせるのはいいですが、子どもの言動によって言葉を選ばずに怒るのは、信頼関係を失うことにつながります。冷静に受け止め、気持ちを丁寧に伝えるようにしましょう。

 父親が忙しく、母親が子育ての中心になることもあると思います。1日5分でもいいので子どもと関わったり、「おやすみなさい」と電話で伝えたりと、日頃から短くても質の良いコミュニケーションを心掛けましょう。そうすればお子さんの心も安定していくでしょう。(山本直美=NPO法人子育て学協会会長)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る