PR
PR

江崎沖縄北方相が脳梗塞の疑い 政府・自民で交代論

 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、江崎鉄磨沖縄北方担当相が軽い脳梗塞の疑いがあるとして東京都内の病院に検査入院したと発表した。政府・自民党内では閣僚交代は避けられないとの見方が強まっており、江崎氏が所属する自民党二階派からの後任起用が取り沙汰されている。

 菅氏は江崎氏について、19日夜に体調不良で病院の診察を受け、言葉を正しく発音できない「構音障害」と診断されたと説明。「軽い脳梗塞の疑いもあり、しばらく検査入院が必要と本人から直接連絡があった」とも述べた。今後の対応については「検査結果を待ちたい」と語った。

残り:99文字/全文:357文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る