PR
PR

ふっくらパンケーキ 小麦粉 ざるで振り入れて

 今回は「パンケーキ」。カフェで出てくるような、ふっくらとしたパンケーキが、自宅で簡単にできる作り方を、「青ちゃん」こと料理研究家・青山則靖さん=「キッチンサポート青」=に教わりました。

 まず、生地を作りましょう。卵を卵黄と卵白に分け、それぞれ別のボウルに入れます。卵白は泡立てて、メレンゲにします。角が立たない程度の7分立てくらいが目安です。

 次に卵黄に砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜ、小麦粉を入れます。ざるか、ふるいを用いて、小麦粉を振り入れるのがポイントです。「空気に触れることで、できあがりがフワッと膨らみやすくなります」と青ちゃん。全体を軽く混ぜたら、牛乳を3、4回に分けて入れ混ぜます。

 とろっとしてきたら、最初に作った卵白のメレンゲを入れましょう。泡をつぶさないよう、力を入れず、さっくり混ぜます。泡の白い部分が見えなくなったら、塩を入れて、軽く混ぜます。ここにココアパウダーを加えれば、チョコレート味にもできます。

 生地を焼く前に、フライパンに火をかけます。ほどよく温まるまで加熱したら、ぬれ布巾の上にいったん置き、「ジューッ」という音がなくなるまで冷まします。青ちゃんは「フライパンの熱を均一にするためです。この一手間でパンケーキの焼き色のむらが防げます」と言います。

 フライパンに牛乳パックで作った型をのせ、バターを引いて、生地を流し入れます。生地が漏れ出てこないよう、手で型を押さえながら入れるのがコツです。フタをして、ごく弱火で焼きましょう。5分たったら、フライ返しで、ひっくり返します。竹串かナイフで型の回りをくりぬいて型を外しましょう。反対面はフタをせずに3分間焼いて、完成です。(根岸寛子)

■パンケーキ(4個分)

 【材料】卵2個(計100グラム)、小麦粉100グラム、牛乳100cc、砂糖50グラム、バター10グラム、塩ひとつまみ
※卵:小麦粉:牛乳:砂糖=1:1:1:0.5の割合で

 【作り方】
《1》卵を卵黄と卵白に分ける。卵白は泡立ててメレンゲにする。角が立たない程度の7分立てが目安。
《2》卵黄に砂糖を入れてよく混ぜる。小麦粉は、ざるか、ふるいを使って振り入れる。全体を軽く混ぜたら、牛乳を3、4回に分けて入れ混ぜる。
《3》とろっとしてきたら、《1》を《2》に入れる。泡をつぶさないよう、力を入れずに、さっくりと混ぜる。泡の白い部分が見えなくなったら、塩を入れて軽く混ぜ合わせる。チョコレート味にしたい場合は、ここでココアパウダー20グラムを混ぜる。
《4》フライパンを熱し、ほどよく温まったら、ぬれ布巾の上にいったん置いて冷ます。フライパンに牛乳パックの型を置いてバターを引き、生地を流し入れる。
《5》フタをして、ごく弱火で5分加熱したら、ひっくり返す。竹串やナイフで型から外して、フタをせず、もう片方の面を3分間焼く。

■牛乳パックで型を作ろう
《1》牛乳パックの側面を縦の線に沿って計4片に切る(底、開け口の部分は切り取ってしまう)。
《2》4片をそれぞれ、さらに縦に半分に切る。
《3》半分に切った2枚で円形に成形してホチキスで留める。それぞれ7センチほど重なるようにして留めると、直径8~9センチの型ができる。同様にして計4個の型を作る。

<ポイント>
・牛乳パックで型を作る
・小麦粉は、ざるやふるいを使って振り入れる  
・フライパンはいったんぬれ布巾で冷やす   

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る