PR
PR

倶知安G20閣僚会合は観光分野で 訪日客誘致も狙う

[PR]

 政府は14日、2019年に後志管内倶知安町で開催する方針の20カ国・地域(G20)首脳会合に伴う閣僚会合について、観光分野とする方向で最終調整に入った。月内にも首脳会合や他の閣僚会合の開催地、日程などと共に発表する。

 閣僚会合の分野に関して、政府は倶知安町では観光か農業のいずれかを開催する方向で検討していた。倶知安、ニセコ両町にまたがるニセコ地域はスキーリゾートとして外国人観光客に人気があり、政府は観光政策を担当する各国の関係者らに魅力をアピールし、知名度をさらに高める考えだ。国内のインバウンド(訪日外国人客)誘致のモデル地域とする狙いもある。政府関係者は「安倍晋三首相も倶知安町に何度も訪れ、高く評価している」と述べた。

残り:296文字/全文:611文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る