PR
PR

興部小・中村君3年連続受賞 ショパン国際ピアノコンクールアジア大会

 【興部】第19回ショパン国際ピアノコンクールアジア大会(組織委主催)の小学3・4年生部門で、興部小3年の中村結雫(ゆな)君(9)が2位に相当する銀賞を獲得した。同大会で3年連続の受賞。左手を負傷するアクシデントを復帰後の猛練習で乗り越え、「不安が大きかった。受賞を聞いた時は本当にうれしかった」と笑みをこぼす。

 同コンクールアジア大会は各国の若手ピアノ奏者を発掘、育成する狙いで開催される。中村君は昨年11月の北海道地区大会(札幌)、1月3日の全国大会(川崎)を通過し、同7日に昭和音楽大(川崎)で開かれたアジア大会に進んだ。

 幼児から一般まで18部門で競い、小学3・4年生部門には108人が臨んだ。中村君は特徴である繊細で力強い音を響かせ、課題曲のコルベルク「六つのポロネーズ 第6番」を演奏し、銀賞に輝いた。

残り:372文字/全文:729文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る