PR
PR

小平が銀、高木美帆が銅、郷は13位 女子1000

 【平昌五輪取材班】14日夜に行われた、平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで、小平奈緒(31)=相沢病院=が銀メダル、十勝管内幕別町出身の高木美帆(23)=日体大助手、帯南商高出=が銅メダルを獲得した。高木は12日の1500メートルの銀メダルに続く今大会二つ目のメダル。郷亜里砂(30)=イヨテツク、白樺高出=は13位だった。ヨリン・テルモルス(オランダ)が1分13秒56の五輪新記録で初優勝した。

全文:207文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る