PR
PR

平野は銀、優勝はホワイト スノーボード男子ハーフパイプ

 スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝で、前回ソチ五輪銀メダリストの平野歩夢(木下グループ)が2回目に95・25点をマークして2大会連続の銀メダルを獲得した。ショーン・ホワイト(米国)が3回目に97・75点を出し、トップに立っていた平野を逆転して2大会ぶり3度目の優勝を果たした。

 片山来夢(バートン)は87・00点で7位入賞。2回目に転倒した戸塚優斗(ヨネックス)は3回目を棄権し、11位だった。(共同)

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る