PR
PR

自動車大手の労組が要求書を提出 ベア前回並み月額3千円

 トヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、SUBARU(スバル)の自動車大手の労働組合は14日、経営側に要求書を提出した。ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として前回2017年と同額の月額3千円を求めた。春闘で自動車大手は電機大手と並んで相場のけん引役が期待されている。各社の業績は好調だが、次世代技術の開発に巨額の費用がかかる台所事情を抱えており、経営側がどこまで賃上げに応じるかが焦点だ。

 ベアでは各社が足並みをそろえる。ボーナスに当たる年間一時金はトヨタが6・6カ月分、日産が5・8カ月分、ホンダが6・2カ月分、スバルが6・0カ月分を要求した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る