PR
PR

GDP、28年ぶり8期連続増 実質で年0・5%プラス

 内閣府が14日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比0・1%増だった。このペースが1年間続くと仮定した年率換算は0・5%増となった。プラス成長は8四半期連続。バブル期の1986年4~6月期から89年1~3月期まで12四半期連続プラスとなって以来、28年ぶりの息の長い成長となった。個人消費や設備投資など内需が成長をけん引した。

 GDPの6割を占める個人消費は前期比0・5%増と2四半期ぶりのプラス。新型スマートフォンや自動車が好調で、外食が回復したほか、コートなど衣類も伸びた。

 設備投資は、人手不足による省力化ニーズの高まりなどで0・7%増と5四半期連続のプラス。住宅投資は貸家建設の低迷が響き、2・7%減と2四半期連続のマイナス。公共投資は、0・5%減と2四半期連続のマイナスだった。

残り:287文字/全文:668文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る