PR
PR

花咲線「維持目指す」 道WT報告書を評価 根室管内5市町

[PR]

 【根室】根室管内5市町は13日、道が10日に公表した道内鉄道網の在り方に関する「鉄道ネットワークワーキングチーム(WT)・フォローアップ会議」の報告書について根室市内で説明を受けた。地元側は、JR花咲線(根室線釧路―根室)が報告書で「路線の維持に最大限努めていくことが必要」と位置付けられたことをおおむね評価した。

 道によると、報告書の公表後、沿線自治体に内容を説明するのは今回初めて。

 5市町の首長らが参加する根室地方総合開発期成会の根室本線花咲線対策特別委員会に、道の大内隆寛交通政策局長が出席した。

残り:177文字/全文:430文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る