PR
PR

展示物の埴輪30個壊される 名古屋市の国指定志段味古墳

 名古屋市は13日、国指定史跡の志段味大塚古墳(同市守山区)で、墳丘上に展示してあった埴輪の複製品30個が壊されたと発表した。被害総額は約615万円に上り、市は愛知県警に被害届を提出した。

 市によると、壊されていたのは円筒や水鳥などの形をした埴輪で、大きな物で高さ約85センチ。10日午前9時45分ごろ、見学に訪れた人から連絡があり、職員が確認したところ、展示してある約500個のうち、30個が壊れていた。9日午後に職員が訪れた際は、異常は見られなかったという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る