PR
PR

VR体験で集客に期待 美幌峠の施設工事 屋外トイレ改修も

 【美幌】観光名所の美幌峠で、関連施設のリニューアル工事が本格化している。美幌峠レストハウス2階の展望休憩室には、眼下の雲海に飛び込むバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)映像体験が楽しめる情報発信コーナーを新設。屋外トイレの改修と、展望台に通じる園路補修も行われている。一連の工事は3月下旬に終了予定で、関係者は魅力アップによる集客増を期待する。

 外国人観光客の誘致を目指す環境省の公園整備事業「国立公園満喫プロジェクト」に、美幌峠を含む阿寒国立公園(現・阿寒摩周国立公園)が選ばれ、補助金が得られたことから、昨年12月以降、町が展望休憩室の整備、道は屋外トイレと園路改修に着手した。

残り:520文字/全文:814文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る