PR
PR

羽生、井山氏に栄誉賞授与 将棋、囲碁界で初

 将棋界史上初の永世七冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて2度の全七冠独占を果たした井山裕太氏(28)の国民栄誉賞授与式が13日、官邸で行われた。安倍晋三首相は「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を与えた」とする表彰状を手渡した。

 式典には両氏が和服姿で臨み、羽生氏の長女、舞花さんらも出席。安倍首相から表彰状と盾、記念品として山梨県から採石された雨端硯や熊野筆、両氏の七冠にちなみ七宝彩釉群鶴文硯箱が贈られた。

 国民栄誉賞は1977年に創設された。受賞は26例目で将棋、囲碁界では初めて。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
道新囲碁サロン 「次の一手」問題
ページの先頭へ戻る