PR
PR

カレー・オブ・ザ・イヤー2018 「ご当地 まちおこし部門」 「はこだて空港チャウダー」受賞

 日本のカレー文化発展に寄与するカレーを表彰する「カレー・オブ・ザ・イヤー2018」(カレー総合研究所主催)の「ご当地カレーまちおこし部門」で、函館の魚介などを使った洋風煮込み料理「はこだてチャウダー」など新商品の開発に取り組む「はこだて雇用創造推進協議会」が受賞した。対象となったメニューは「函館空港レストラン ポルックス」が提供する「はこだて空港チャウダー ヨーロピアンカレーテイスト」。チャウダーにカレー風味を加えた画期的な点や人気メニューとなった実績などが評価された。

 「カレー・オブ・ザ・イヤー」は、カレーの情報発信を行っている同研究所(東京)が昨年1月に創設。同研究所の市民向けカレー講座「カレー大學」の卒業生による推薦をもとに審査を行い、カレー業界の中で革新的、画期的で、まだ世間に十分に知られていない商品に対して授与している。今年は「カレールウ」「レトルトカレー」など10部門で表彰した。

 同協議会は新商品の開発を通じて地域の活性化や雇用創出を目指しており、「はこだてチャウダー」もその取り組みの一環。2016年からメニュー化に着手し、開発したレシピを公開。メイン食材に最低道南産1種を含む魚介類3種以上を使用―などルールを設けて参加店を募り、17年2月に市内の6店が提供を始めた。

残り:430文字/全文:979文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る