PR
PR

そりも使って冬の避難体験 芽室町が初

 【芽室】町は11日、冬の災害発生に備える初めての「冬の避難体験会」を中央公民館などで開いた。8町内会の町民72人が雪道での避難や避難所開設の方法を考えた。

 震度6弱の大規模地震が起こり、低気圧通過による雪害も発生するという想定で行われた。

 幸町町内会の15人は午前9時すぎ、1次避難場所の幸町地域福祉館に集まって点呼をした後、2次避難場所の中央公民館を目指した。要配慮者の移動方法を検討するため、車いすとそりを試験的に使用。町民は「車いすは雪道でぬかるね」「冬はそりの方が良いかもしれない」と話し合った。

残り:94文字/全文:347文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る