PR
PR

札幌・チカホで枝幸の味覚PR 19、20日にフェスタ

[PR]

 【枝幸】枝幸の地元産品を都市部に売り込もうと、毎年恒例の「オホーツク枝幸 うまいものフェスタ2018」(町など主催)が19、20の両日、札幌市中央区の札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)で開かれる。

 枝幸漁協や町内の水産加工業者は、冷凍ホタテや毛ガニ、サケの切り身、イクラしょうゆ漬けなど自慢の海産物を販売。歌登授産所は、いもだんごやハチミツなどを売り出す。

 枝幸の海岸で捕ったクリオネが泳ぐ水槽を展示するほか、オホーツクミュージアムえさしが所蔵する太古の哺乳類デスモスチルスの頭部骨格標本(レプリカ)や魚などの骨が透けて見える「透明骨格標本」も公開。枝幸町の間伐材を使ったコースターや鍋敷きの製作体験も実施する。

残り:72文字/全文:378文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る