PR
PR

「こどもホスピス」広めよう 横浜で初のサミット

 重い病気や障害のある子どもが家族と一緒に過ごす「こどもホスピス」について考える「第1回全国こどもホスピスサミット」が11日、横浜市で開かれた。出席者らが、全国に設置を進める必要性を確認し合い「子どもと家族に豊かな時間を提供し、地域とともに歩む開かれた施設を目指す」との宣言を発表した。

 サミットでは、大阪市にある「TSURUMIこどもホスピス」の現場責任者、水谷綾さんが、施設にキッチンカーや移動動物園を呼んだことを紹介。「家族で遊んだり学んだりして、共に過ごす時間を提供している。今を大切にすることで、子どもや家族に生きる意味を見いだしてほしい」と話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る