PR
PR

酪農史語る牧草梱包機 由仁の牧場所有 明治大正期に輸入か

 【由仁】空知管内由仁町の三谷牧場が保管する牧草梱包(こんぽう)機が、北海道の酪農黎明(れいめい)期に米国から輸入された希少な農機具であることが北大の調べで分かった。牧場主の三谷耕一さん(66)は北海道命名150年に当たる今年、製造会社のあったミズーリ州を訪ね、歴史的なつながりを調べる。

 三谷さんの趣味は古い農機具収集で、梱包機は昨春、岩見沢市の北村牧場が111年の歴史に幕を下ろす際、譲り受けた。

残り:392文字/全文:592文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る