PR
PR

叱ると座り込んで動かない 強く言わずに声掛け工夫

  2歳の男の子です。一緒に歩いているときに叱ると、地べたに座り込んで動こうとしません。「もう置いていくよ!」と言って、子どもから見えない場所まで歩いてみても、追いかけてきません。どうしたらいいでしょうか。


  日常生活を振り返ると、いろんな場面で同じようなことが起こっていないでしょうか。こんな場合は叱る言葉を選ぶことが大切です。強く言ってしまいそうなときも、我慢して言葉を選べば、すんなり聞き入れる場合があります。

 言葉を選ばないと、後で余計に手が掛かるかもしれません。「連れて行かないよ!」と強く言われると、自発的に行動する気持ちが失われてしまいます。

 「約束が守れるかな」と聞かれて、「はい」と自ら言ったことはできるようになり、「それはやっていいのかな」と聞かれ、自分で考えたことはやめられるようになるはずです。

 2歳ころから、少しずつ言い聞かせることを意識しましょう。子どもが激しく反応するかもしれないので、周囲に迷惑が掛からない家の中で伝えましょう。(山本直美=NPO法人子育て学協会会長)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る