PR
PR

アレフ パート雇用最長75歳まで 勤続3年超対象、19年度から

[PR]

 外食チェーンのアレフ(札幌)は新年度から、勤続3年を超えたパート従業員が最長で75歳まで働ける雇用制度を導入する。全国にある直営店や食材工場で働く約7千人が対象で、道内の外食産業では珍しい取り組み。若い人材が集まりにくくなる中、意欲のあるシニア層に長く働いてもらう仕組みを作り、深刻化する人手不足に対応する。

 パート従業員の雇用はこれまで、65歳で定年を迎えた後も70歳までの再雇用は認められていたが、1年ごとに契約更新が必要だった。4月からは、勤続3年を超えていれば定年後、希望すれば1年ごとの契約更新手続きを踏まずに、70歳まで働き続けられるようにする。さらに希望すれば75歳まで1年契約で再雇用し、待遇はその都度話し合って決める。

 アレフはハンバーグレストラン「びっくりドンキー」など約340店のうち、135店舗を直営で全国に展開している。

残り:248文字/全文:622文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る