PR
PR

せたなの牧場舞台に 大泉洋さん主演映画「そらのレストラン」撮影

 【せたな】俳優の大泉洋さんが主演し、食を通じて北海道の魅力を伝える映画の第3弾「そらのレストラン」が、来年初めに公開される。撮影は昨秋から今年1月にかけ、檜山管内せたな町で行われた。

来年初め公開

 そらのレストランは、洞爺湖でパンのカフェを営む夫婦を描いた「しあわせのパン」、空知管内でワイナリーを営む家族を描いた「ぶどうのなみだ」に続く第3弾。大泉さん演じる主人公が、海の見える牧場でチーズを作りながら仲間とともに成長していく姿を描く。主人公の妻役は本上まなみさん、仲間の役は岡田将生さんが演じる。監督は深川栄洋さん。来年初めに公開される。

 撮影は昨年9月下旬にスタート。初日は、大泉さんが岡田さんらと畑の中で会話を交わすシーンの撮影が行われ、バイクに乗って登場した大泉さんが「農業は一人でやっててもつまんないじゃない」と呼び掛け、岡田さんは「仕事ですから。楽しいもつまらないもない」と返事。大泉さんは「へえー。すごいなー。その感じ」と応じた。

 撮影の合間に取材に応じた大泉さんは、今回の映画について「1、2作目より気楽に楽しんでほしい。仲間と楽しく生きる雰囲気を出したい」と語った。

 映画を企画したクリエイティブオフィスキュー(札幌)の伊藤亜由美社長は「せたな町はおいしい物がたくさんあり、訪れる人が増えてほしい」と話した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る