PR
PR

北から目線

 今年の年明けからしばらく、こちら根釧にはほとんど雪が積もっていなかった。枯野の台地が広がり、日陰に少しだけ雪が残る程度だ。ここ数年は積雪が多くて苦労していたので、車の運転等に小雪は心底ありがたい。

 そんな中、「北から目線」という単語をネットで見かけた。なんだろう、某国が「核実験もミサイル発射も強行するもんねイェーイ!」とか無闇やたらに見下してくるやつか、とか思っていたら全然違った。降雪に慣れない地域の人達に対し、雪国や北国の人達が「そんな程度の雪で街が混乱するの!?」と驚いたり、「雪道を歩くにはこうしたらいいよ!」等々温かいアドバイスをするというネット上のリアクションをそう呼ぶのだそうだ。なるほど、某国とは微塵も関係なかった。

残り:544文字/全文:862文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る