速報
PR
PR

日本酒で春先取り 男山が「朝搾り」出荷

 旭川市の酒造会社「男山」(永山2の7)は立春の4日、未明から早朝にかけて搾った純米吟醸生原酒「立春朝搾り」を出荷した。

 朝搾りは日本酒で春を祝おうと、日本名門酒会(東京)が1998年に始めた。道内では男山のみが2004年から製造している。

 旭川産の酒米「吟風」を使用した「男山 立春朝搾り」(720ミリリットル、1620円)で、出荷本数は約1万3千本。人気にともない、昨年より2千本多く用意した。同社の杜氏(とうじ)の北村秀文さん(52)は「すっきりとした非常にいい出来」と話す。

残り:133文字/全文:374文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る