PR
PR

友達のライバル意識が強い 固執させず相性よく見て

  4歳の女の子です。仲良くしている友達が最近、娘をライバル視していて悩んでいます。対抗したり、けんかをしたりするのも経験かと思い見守っていますが、泣いたり不機嫌になったりすることが多く、少し距離を置こうかと考えてしまいます。他の友達とは仲良く過ごしています。どうすればよいでしょうか。


  人間関係には、良いときと悪いときがあって、それを乗り越えて本当の友達になっていくのでしょうね。大切なのは、その友達に固執しないこと。いろんな友達と関係がある中の一つと考えないと、逃げ場がなくなってしまいます。

 赤ちゃんのときからの友達は、お子さんではなく親が選んだ友達ですので、お子さん同士の相性をよく見てあげましょう。

 友達とうまくいかないときには、他の子と遊んだり、家の中で遊んだりと、考えて行動するものです。

 けんかをすることは大切な経験です。でも、長引くとお子さんのイライラした状態も続きます。理由を尋ね、場合によっては少し距離を置いて、会う頻度を減らすことを考えたほうがいいかもしれません。(山本直美=NPO法人子育て学協会会長)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る