PR
PR

はこだて焼きピロシキ販売拡大 3カ月で市内10店舗

 函館市や函館地域産業振興財団など7団体でつくる「はこだて雇用創造推進協議会」が、昨年10月に基本レシピを一般公開した「はこだて焼きピロシキ」を扱うパン屋が、市内6社10店に広がっている。同協議会が過去に手がけた新商品の中でも、とりわけ好評だ。

 同協議会は2015年度から国の委託を受けて3カ年計画で、地域の食材を活用した土産品の開発を続けている。これまで15商品を送り出し、商品化に至っていないケースもあるが、ロシアと函館との歴史的なつながりも連想させるロシア料理のピロシキは、パン屋や消費者の反応がいい。

 このほか、はこだて焼きピロシキを扱う店は以下の通り。

 ▽ちいさなしあわせパン☆(五稜郭町)▽手作りパンの家 こすもす(富岡町2)▽キングベーク本店(亀田本町)、キングベーク ナチュラル(シエスタハコダテ内)▽パン・エスポワール石川店(石川町)、的場店(的場町)、函館駅前店(キラリス函館内)

残り:356文字/全文:756文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る