PR
PR

JR登別駅、観光客の荷物運びます 市など今年もサービス

 【登別】JR登別駅で乗客の荷物を無料で運ぶポーターサービスが18日、始まった。今年は実施期間を昨年より8日長い40日間に拡大し、新たに日本工学院北海道専門学校の留学生も加わる。同駅は登別温泉の玄関口だが、改札口と函館・室蘭方面ホームの間の陸橋を階段を使って移動する必要があり、大きな荷物を持つ観光客の負担になっている。

 市と登別国際観光コンベンション協会が2016年から中華圏の旧正月「春節」(2月16日)の前後に行っている。17年は実施期間を16年より14日多い32日間に増やし、16年比3・8倍の9787個を運んだ。好評を受け、今年はさらに期間を延長した。

残り:372文字/全文:653文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る