PR
PR

貴婦人お出まし 北見でチコリ収穫最盛期

 白くて小ぶりな形から「野菜の貴婦人」と呼ばれる軟白野菜「チコリ」の収穫が、北見市端野町で最盛期を迎えている。倉庫内で15センチほどに育ち、1株ずつ丁寧に掘り起こされて道内外の飲食店や食卓に届けられている。

 オホーツク管内では唯一、端野町の農家でつくる「たんの地子里研究会」(小川吉猶会長)が無農薬、無化学肥料で栽培。研究会の農場で6月に畑に種をまき11月、倉庫に植え替えた。地温は13度前後に保たれ、チコリが傷つかないよう、もみ殻が約40センチの厚さで敷き詰められており、合間から顔をのぞかせた新芽が次々と収穫されている。

残り:157文字/全文:419文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る