PR
PR

インスタ映え写真、JR北浜駅から送信を! 網走市無料Wi―Fi24日から

 【網走】市は流氷シーズンを前に、JR釧網線の北浜駅に無料でインターネットに接続できる公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を整備し、24日から利用できるようにする。同駅は、オホーツク海に近い小さな駅舎で国内外の観光客の人気を集める。市は会員制交流サイト(SNS)による魅力発信を後押しすることで、呼び込みを図る。

 無料ワイファイは駅を中心に半径50メートルの範囲で利用でき、駅横の展望台でも接続できる。市はこれまでエコーセンターなど公共施設4カ所に整備したが、市有施設以外は初めてとなる。

 北浜駅は風情がある木造の駅舎。ホームから20メートル先が海で「最もオホーツク海に近い駅」と呼ばれる。知床連山が望め、全国の鉄道ファンが訪れる。また中国人観光客の間では、大ヒットした映画「狙った恋の落とし方。」(2008年)のロケ地として知名度が高い。

 市は、写真共有アプリのインスタグラムなどSNSに投稿した写真の見ばえが良い「インスタ映え」する風景に着目し、観光客の利便性を高める目的からワイファイを整備する。事業費は約10万円。

 水谷洋一市長は「無料のワイファイは、観光地の標準装備になりつつある。新年度以降も必要なものとして、整備に取り組みたい」と話している。(光嶋るい)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る