PR
PR

箱根駅伝 ゴール前の予行演習 中川明紀(東京写真課)

 ゴール近くで私も撮影場所を確保。カメラの露出をチェックしたり、走者がゴールテープを切る瞬間をイメージして構図を確認したりと入念に準備していました。すると大会関係者が、カメラマンのためにゴールテープを切る“予行演習”をしてくれました。これは画角や露出を確認する上で、私たちカメラマンにはとても助かるのです。

両手を広げてゴールを演出する大会関係者
両手を広げてゴールを演出する大会関係者

 実際の選手より先に、沿道の観衆の前でゴールテープを切ることができるなんて羨ましい気もします。続いて主催するテレビ局の関係者も、テレビカメラマン向けに予行演習。この方は右手を突き上げ、実際の選手さながらの感動が伝わってくる渾身の演技を見せてくれました。
まるで区間を走りきったかのような渾身の演技でゴールを走り抜ける
まるで区間を走りきったかのような渾身の演技でゴールを走り抜ける

 往路優勝は東洋大に譲った青山学院ですが、復路の6区で逆転すると、その後は独走状態となります。アンカーのゴールを待つ青山学院の選手たちも歓喜の瞬間に向けた予行演習を行っていました。


 まだ優勝したわけではありませんが、喜び合う練習をしています(笑)。さすがは王者・青山学院、余裕がうかがえました。日頃、厳しい練習に耐えてきた成果が実を結ぶ瞬間が近づいています。

抱き合って歓喜の瞬間を“練習”する選手たち
抱き合って歓喜の瞬間を“練習”する選手たち

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る