PR
PR

札沼線検討会議が初会合 JR副社長「路線廃止でもより便利に」

 【岩見沢】JR北海道が廃止を提案している札沼線(学園都市線)北海道医療大学―新十津川間の沿線4町でつくる「札沼線沿線まちづくり検討会議」の初会合が16日、岩見沢市内で開かれた。JR北海道の西野史尚副社長が出席し、路線を廃止した場合は「現状より便利な交通機関をつくる」との考えを説明した。

 検討会議は月形、新十津川、浦臼の空知管内3町と石狩管内当別町で構成し、道がオブザーバー参加。必要に応じてJRなどに出席を求める。会合は冒頭を除き非公開で、終了後に4町長、西野副社長らが記者会見した。

 西野副社長は会合の内容について「鉄道以外で、もっと便利で地域の皆さんに利用してもらえる交通機関を責任を持ってつくると申し上げた」と説明。札沼線で通学する月形町の月形高生の利便性については「バスという形なら、いま(列車)より本数を増やすことができる」と強調した。観光振興のため地域と連携する姿勢も示した。

残り:236文字/全文:632文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る