PR
PR

日ハム清宮「信念貫き歩む」 新入団歓迎式典で抱負

 日本ハムの新入団選手の歓迎式典とファンとの交流会が14日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で開かれ、ドラフト1位の清宮幸太郎内野手(東京・早実高)ら新人7選手が、ファンとハイタッチや記念撮影をするなどして盛り上がった。

 全選手が鎌ケ谷市に転入手続きの書類を提出し、同市内に掲示する手形を採取した後、清宮は「1日でも早く活躍できるよう、この場所から一歩一歩進みたい」とあいさつ。ファンからの質問コーナーで、同3位の田中瑛斗投手(大分・柳ケ浦高)は「直球でビシバシ抑える強気な投球を見てほしい」とアピールした。

残り:112文字/全文:362文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る