PR
PR

希望・民進 統一会派へ合意 幹事長が会談 党内手続き難航も

 希望の党の古川元久、民進党の増子輝彦両幹事長は14日、東京都内で会談し、22日召集の通常国会に向けて衆参両院で統一会派を結成することで大筋合意した。両党執行部は15日の幹事長・国対委員長会談で合意文書を交わし、それぞれ党内手続きを急ぐ考えだ。実現すれば衆参両院で野党最大会派となるが、両党内には統一会派結成に根強い異論があり、党内調整が難航する可能性もある。

 古川氏は会談後、記者団に「『安倍1強』政治に対峙(たいじ)し固まりをつくる第一ステップが民進との統一会派だ」と述べ、統一会派結成の意義を強調した。増子氏は両党の考え方の違いが課題となっていた安全保障関連法への対応などに関し「かなりの部分で歩み寄りができた」と述べた。

残り:298文字/全文:612文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る