PR
PR

新十津川中が男女V 全道中学新人剣道 大会初の快挙

 【新十津川】第18回北海道中学校新人剣道大会(8日、千歳市)の団体戦で、新十津川中が男女とも優勝した。同じ学校の男女同時優勝は大会初の快挙。メンバーが12日に町教委で報告した。同校の同大会での優勝は、男子が2年ぶり8回目、女子は2年連続2回目。

 男子は37校が出場。試合は5人一組で行われ、計6試合で全勝した。決勝戦の当別中(石狩)戦では、先鋒(せんぽう)から中堅までの3人がいずれも延長戦にもつれたが、5―0で優勝を飾った。大将の山内麗生(らいお)主将(2年)は「何度も戦ったことのある相手だったので、癖を見抜いていた」と、勝利の要因を分析した。

残り:288文字/全文:563文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る