PR
PR

チョウザメぬいぐるみに 特産品化を目指す鹿追 道の駅で販売

 【鹿追】町内の主婦伊藤明美さん(64)が、デザインから縫製までを手がけた手作りのチョウザメのぬいぐるみが完成し、13日から道の駅しかおいで販売を始める。チョウザメの特産品化を目指す町は「かわいらしいぬいぐるみでチョウザメファンを増やしたい」と話している。

 町は昨春、人工授精によるチョウザメのふ化に成功。昨年11月には町民試食会を開き、鹿追で育ったチョウザメのキャビアや刺し身が参加者に好評だった。

残り:269文字/全文:469文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る