PR
PR

食べ物をわざと落とす 叱るときは丁寧に目を見て

  1歳半の女の子です。ご飯を食べているとき、おかずや飲み物をわざと落とします。やめさせたいです。どうすればよいでしょうか。

  1歳ころによく見られる行動ですね。「落とすとどうなるのかな」、「ママが関わってくれるのかな」ということを、声や表情を観察しながら試しているのです。「落とさない」という言葉の意味が分からないので、中途半端に叱ってしまうと、ママが反応してくれることや表情が変わることを「遊び」と認識し、繰り返すようになってしまいます。

 1歳半は、本格的にしつけが始まるタイミングです。良いことと悪いことを丁寧に伝えていきたいですね。叱る場合は落とした手を持って、目を見ながら「いけないよ」、「落とさないで」と、普段と声のトーンを変えて叱りましょう。落とさずに食べられたら褒めることも大切です。

 もし「ママに関わってほしい」という気持ちから落としているようであれば、遊びの時間を工夫することも考えましょう。言葉が出てきたり、興味関心が広がったりすると、他に楽しいことができて収まります。一喜一憂せず、繰り返し伝えていきましょう。(山本直美=NPO法人子育て学協会会長)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る