PR
PR

ハム近藤、巧打でアピール 徳之島の自主トレ公開

 昨季、故障で出場57試合ながら打率4割1分3厘を記録した近藤健介捕手が13日、鹿児島県・徳之島で自主トレーニングを公開した。「打たないと試合に出られない。しっかりアピールしないと」と力強く語った。

 同期の上沢や松本ら7人と初めて過ごす徳之島での自主練習。走り込みや体幹トレーニングに精を出し、打撃練習では広角に鋭い打球を打ち分けて持ち味の巧打を発揮した。後輩の渡辺、平沼には積極的にアドバイスを送る。「すごく充実しています。やることもないので、野球に集中できている」

 昨季は6月上旬まで打率4割をキープし、史上初の4割打者誕生に期待が高まったが、6月下旬に腰部椎間板ヘルニアの手術を受けて長期離脱した。「(入団後)1年間働いたのが(2015年の)1シーズンしかない。ケガをしない体を作っていけるように」と目標を掲げる。

残り:105文字/全文:465文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る