PR
PR

ワカサギ釣り解禁 三笠の桂沢湖

 【三笠】冬の風物詩のワカサギ釣りが13日、三笠市内の桂沢湖で始まった。天候に恵まれ、家族連れら約80人が湖面の穴に糸を垂らし、銀色に輝くワカサギを次々に釣り上げた。

 解禁時期は例年並みで、氷の厚さは約50センチ。釣り人は長さ30センチほどの竿(さお)を使い、あらかじめ開いている30センチ四方の穴に、餌のついた仕掛けを落とした。釣ったワカサギをその場でから揚げにするため、コンロを持参する人もいた。

 問い合わせは桂沢国設スキー場(電)01267・6・8235へ。

残り:154文字/全文:386文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る