PR
PR

日中の若者、北京で合同成人式 文化や芸能体験、交流深める

 【北京共同】北京の日本大使館で13日、日本人留学生と中国人大学生らによる「日中友好成人式」が開かれた。華やかな着物やチャイナドレスで着飾った約150人の若者たちが、ソーラン節や書き初めなど両国の文化や芸能を体験し、交流を深めた。

 合同成人式は今年で8回目。2011年に日本人留学生の発案で始まり、両国関係が一時悪化した中でも毎年開かれてきた。

 清華大に留学中の陶雅澄さん(20)は「日中にはたくさんの橋が架かっている。日中の新成人がいかに互いの理解を深めるかを考えていければいい」とあいさつした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る