PR
PR

道警パトカー、受験生4人運ぶ JR事故で遅刻の恐れ

[PR]

 13日始まった大学入試センター試験で、室蘭署と苫小牧署は、JR踏切事故によるダイヤの乱れで遅刻する恐れがあった受験生4人をパトカーに乗せて室蘭工大の会場に運び、受験生たちは無事試験を受けることができた。道警は受験生が事故などの緊急事態に巻き込まれた場合には、パトカーで送るよう各署に通知していたという。

 両署や室蘭工大によると、胆振管内白老町で起きた乗用車と特急列車の接触事故で、登別駅で列車を待っていた受験生1人と、後続列車の受験生3人を、室蘭署と苫小牧署のパトカー2台で同大に送り届けた。後続の3人は説明開始に間に合わなかったが、室蘭工大は、別室で4分遅れで受験させる措置を取った。

残り:143文字/全文:437文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る