PR
PR

残留へ「少しでも力に」 コンサ新加入選手5人、意気込み

 札幌は12日、札幌市内のホテルでペトロビッチ新監督と、新入団選手の会見をそれぞれ行った。出席した新加入組はU―23(23歳以下)アジア選手権にU―21日本代表として出場中のMF三好康児(20)=川崎=を除く5人で、「少しでもチームの力になれるよう頑張りたい」などとそれぞれ抱負を語った。

 前所属の浦和時代にペトロビッチ監督の下でプレーしたMF駒井善成(よしあき)(25)と、MF白井康介(23)=愛媛=は共にドリブル突破が武器のサイドアタッカー。駒井は「後ろ(DF)以外はどこでもできる。ドリブルが武器だと思っているが、プレーエリアの広さも見てほしい」。白井は「J1は出場経験がなく、未知数だけど、楽しみ。J1の舞台で躍動したい」と意欲を語った。

残り:442文字/全文:766文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る