PR
PR

ビットコインで架空請求詐欺 函館

[PR]

 【函館】函館市内の40代女性が12日までに、仮想通貨「ビットコイン」の自動売買システムの購入代金を立て替える名目でビットコイン250万円分をだまし取られたと函館中央署に届け出た。同署は架空請求詐欺事件とみて調べている。道警によると道内で初めて確認された手口だという。

 同署によると昨年11月8日、女性の携帯電話に、仮想通貨の自動売買システムの購入権利に当選したと、システム販売会社を名乗るメールが届いた。12月8日にリサーチ会社社員を名乗る男から「お金は用意するので、購入の権利を譲ってほしい」と電話があり、後日、「倍額を払うので購入代金を立て替えてほしい。ビットコインで支払える」と言われ、女性は同11~20日に計6回、計250万円分のビットコインを購入してインターネット上で送金した。

残り:49文字/全文:394文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る