PR
PR

空の安全願いヘリが初飛行 陸自第2師団

 【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川市)の第2飛行隊は11日、年初の飛行訓練を行った。ヘリコプター6機が編隊を組み、晴れ渡った旭川上空で陣形を変えながら約45分をかけて約110キロを飛行した。

 第2飛行隊は第2師団唯一の航空部隊。年初訓練は飛行隊の団結を強め、航空安全を祈願する目的で毎年行っている。荷物運搬や救護に使う多用途ヘリUH―1J3機と、偵察に用いる観測ヘリOH―6D3機が、旭川駐屯地を離陸したあと編隊を組み、旭岳や白金温泉、旭川空港などの上空約900メートルを飛び回った。

残り:120文字/全文:362文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る