PR
PR

JR北海道社長ら招致決定 道議会特委、2月までに

[PR]

 道議会北海道地方路線問題調査特別委員会は11日、JR北海道の島田修社長ら経営陣の参考人招致を決めた。2月中旬までに行いたい考えで、JRは受け入れる方針だ。路線見直し問題を巡り、経営状況や路線維持で想定する公的支援の仕組みなどについてただす。

 特別委は昨年12月設置で、この日、本格的な議論を開始した。自民党・道民会議の三好雅氏(宗谷管内)が「本業の鉄道収益をどう確保するか、経営責任者から直接聞かなければ議論は深まらない」と招致を求めた。終了後の理事会で協議し、全5会派で合意した。

残り:196文字/全文:438文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る